Cell Culture Dishホワイトペーパー:

From Bench to Bedside: A Scalable End-to-End Solution for AAV Production

いち早く患者様へ~AAVベクター製造におけるスケーラブルなEnd-to-Endソリューション

 

高精度医療 (Precision Medicines) でのウイルス使用量の増加に伴い、費用対効果の高いウイルス製造プラットフォームの需要が急速に増えています。

 

ウイルスベクターの中でも、組換え型アデノ随伴ウイルス (rAAV) は、優れた安全性を備えた in vivo 遺伝子治療の主要ベクターです。

 

しかし、画期的な治療法を患者様へ提供するにあたって最大の課題の一つは、ベンチスケールのプロセスを商業規模の GMP 製造へスケールアップし、十分な投与量を確保することです。

 

ホワイトペーパーの概要:

  • 商業規模のウイルスベクター製造における現在の市場ニーズについて
  • スケーラブルな rAAV ベクター製造について
  • 製造プロセスを簡素化および合理化するために、統合された End-to-End ソリューションを用いて、市場投入までの時間を短縮させる方法について

 

 

【タイトル】

Bench to Bedside:A Scalable End-to-End Solution for AAV Production

いち早く患者様へ~AAVベクター製造におけるスケーラブルなEnd-to-Endソリューション

 

【発行元】Cell Culture Dish

 

【ダウンロード方法】本ページのフォームに必要事項を入力後、ダウンロードいただけます。

 

 

 

関連情報