Cell Culture Dish発行ホワイトペーパー:

Move Your Gene Therapy from Strategy to Reality

~遺伝子治療の戦略策定から実現化まで~

 

遺伝子治療市場の急拡大

 

臨床試験数と規制当局による承認数の継続的な増加から、世界の遺伝子治療市場は2019年から2024年まで年平均成長率 (CAGR) 27.8%で成長すると推定されています。現在、多くの遺伝子治療/細胞治療薬の臨床試験が進行中、200以上の候補薬について第III相臨床試験が実施されています。"Alliance for Regenerative Medicine"は、「米国と欧州で5件の承認が予定されている2022年は、希少疾患の治療のための新しい遺伝子治療薬の承認の記録的な年になるだろう」と述べています。

 

産業化に向けた課題

 

遺伝子治療薬の製造には、使用するウイルスベクターや細胞株によってさまざまな技術が選択可能であり、製造工程のプラットフォーム化は難しいとされています。今後ますます産業化が期待されている遺伝子治療について、この5年ほどの間に製造・産業化戦略は改善されてきたように見えますが、適切なスケールで安定的かつ低コストでの製造を可能にするには依然としていくつかの課題が存在します。

 

ホワイトペーパーの概要:

  • 遺伝子治療市場概要
  • 産業化に向けた製造上の課題
  • 目的に合う技術を迅速に選択し導入するための方法

 

 

【タイトル】

Move Your Gene Therapy from Strategy to Reality

 

【発行元】Cell Culture Dish

 

【ダウンロード方法】本ページのフォームに必要事項を入力後、ダウンロードいただけます。