医薬品プロセス開発・製造TOP > 医薬品プロセス開発・製造のための技術 > バイオ医薬品原薬の製造における凍結・融解にかかるコスト

 

凍結方法で、バイオ医薬品原薬の凍結に関わるコストが変わる?

 

バイオ医薬品製造プロセスで課題となる、原薬のロス。凍結方法や保管、融解の各工程は、最適化されていますか?

 

 

バイオ医薬品原薬のグローバルのコールドチェーン市場規模は2024年には2.3兆円にもなり、今後さらに拡大するといわれています。これは最終充填工程の国内外CMOへの委託がトレンドになっているほか、バイオ医薬品の製造量そのものの増加が起因していると考えられています。

 

バイオ医薬品の製造において、原薬の凍結はとても重要な工程です。

例えば、クラムシェル形状(ヒンジ部分で二つに折りたたむ形状)のケースで保護された凍結状態のシングルユースバッグでは、破損による原薬の損失は、1~5%と言われています。しかし、ポールのFreeze & Go Solutionsの場合、シングルユースバッグである Allegro 2D バイオコンテイナーはROSSシェルで保護するため、損失リスクを最小限にし、16.5億円相当の損失を防ぐことができます。

 

こんなことにお困りではないですか?

  • 凍結後の医薬品原薬の損失
  • 凍結による有効成分の安定性低下
  • 煩雑な操作によるバイオコンテイナーの損傷
  • 凍結状態の原薬の保管スペースや人員コストなどの増大

 

より効率的に原薬の凍結・保管・輸送・融解の各工程を最適化できるプラットフォームの登場により、どれだけ原薬のロスを解消し、必要スペースや人件費を改善できるのか、そのヒントをご覧ください!