医薬品プロセス開発・製造TOP > 凍結方法が医薬品に与える影響【ホワイトペーパー】

 

ホワイトペーパー:

凍結速度で、医薬品に与える影響が変わる?

製造された医薬品のうち59.4%が、凍結状態を経て患者様のもとに渡ることがわかっています。近年の凍結融解技術は凍結という物理的な状態の変化やその効果だけでなく、医薬品製造のプロセス(充填、保管、輸送、解凍、トレーサビリティなど)への効率性も精査されています。経済的で健全なプロセスを構築し、コストや安全面でも価値の高い製品を患者様のもとへ迅速に届けることが求めらています。また、保管や輸送のために原薬を凍結することがこれまで以上に重要になってきています。凍結速度が製品の品質に与える影響について、ホワイトペーパーにまとめました。

 

『ホワイトペーパーの概要】

  • 静置凍結もしくはエアブラスト凍結と、プレートを使用した凍結
  • 凍結濃縮とは何か、そしてそれが原薬に与える影響
  • 製品の均一性を維持するための凍結速度の制御方法

 

【タイトル】Bringing the Freezing of Biopharmaceuticals in From the Cold

【発行元】Pall Corporation

【ダウンロード方法】本ページのフォームに必要事項を入力後、ダウンロードいただけます。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちら