Lonza社事例:

 

『Addressing the SUT Training Gap』

~シングルユース技術のオペレータートレーニングの重要性とボトルネック解消~

シングルユース技術 (SUT) を採用する製造施設は増加の一途をたどるなか、正しく安全にSUTを使用するための知識や技術の移管の重要性について議論されています。サプライチェーンの課題に加え、cGMP上で必須の「オペレータートレーニング」の実施も、SUTの急激な普及を妨げるボトルネックの一つと言われています。

 

この度、Lonza社とポール社は共同で、SUTの効果的なオペレータートレーニングの方法を検証し、記事にまとめました。

 

記事の概要:

  • SUTのオペレータートレーニングの重要性
  • オペレーターに合ったトレーニング方法とは
  • 製薬企業とサプライヤーが共同でSUTのオペレータートレーニングを実施する利点
  • Lonza社とポール社によるデジタルトレーニングプラットフォーム
  • VR(仮想現実)やMR(複合現実)を使用することの利点
  • Lonza社のVRトレーニングの採用事例

 

 

【タイトル】Addressing workforce learning challenges using cutting-edge training solutions

 

【発行元】BioProcess Inernational

 

【ダウンロード方法】本ページのフォームに必要事項を入力後、ダウンロードいただけます。