マイコプラズマ管理に最適なろ過滅菌グレードフィルター (0.1 ㎛)

ポールが提供するろ過精度0.1 µmのろ過滅菌グレードフィルターは、滅菌グレードのろ過をさらに向上させるほか、マイコプラズマ管理を重視する場合に最適です。

マイコプラズマの汚染から、細胞培養工程および培養液を効率的に保護

 

cGMPに準拠したバイオ製造において、マイコプラズマに汚染された培地や添加物を誤って使用すると、生産性の低下、調査の長期化、製造時間の損失などのコストが発生する可能性があります。

 

培地やバイオリアクターへの添加物がマイコプラズマに汚染されるリスクは、生産規模、原材料や水の選択、オペレーターの介在、調製方法など、多くの要因に影響されます。

 

培地やバイオリアクターへの添加物の量が1000 Lを超えるような大規模な生産施設では、0.1 µmの滅菌グレードのフィルターを使用することで、最高レベルのマイコプラズマ安全性を確保できます。

 

マイコプラズマ管理用ろ過滅菌グレードフィルター

 

マイコプラズマ管理のために設計されたろ過精度0.1 µmのろ過滅菌グレードフィルターは、0.2 µmのフィルターと同様に、有効ろ過面積1 cm2あたり、107 CFU以上のBrevundimonas diminutaをチャレンジし、無菌のろ液が得られることを検証しています。

 

さらに、より目の細かい、ろ過精度0.1 µmの膜は、Acholeplasma laidlawiiMycoplasma oraleなどのマイコプラズマの捕捉性能として、対数減少値(LRV)が8を超えることを確認しており、マイコプラズマの管理に適した性能を有します。

 

 

ポールのマイコプラズマ管理用フィルター (0.1 µm)

 

ポールのマイコプラズマ管理用フィルターであるフロロダイン® ろ過滅菌グレードフィルター (0.1 µm)は、目詰まりの少ない流体や、目詰まりが起こりやすい流体でも、効率的に機能するようにデザインされています。

 

フロロダイン EX EDT ‐目詰まりが起こりやすい流体のマイコプラズマ管理に

 

公称ろ過精度0.1 µmのフロロダイン EX EDTは、目詰まりを起こしやすいバイオロジクス製剤などへの対応力が強化された、マイコプラズマ管理用フィルターです。フロロダイン EX EDTフィルターのラインアップはこちら »

 

デザインの特徴は次のとおりです。

 

  • レイドオーバー・プリーツ構造+ナローコアの10インチモジュールカートリッジ構造
    • 10インチあたりの有効ろ過面積は0.95㎡で、従来よりも大きいろ過面積を実現
  • 非対称膜を採用

 

 

 

 

フロロダインII DJL ‐ 目詰まりが比較的起こりにくい流体のマイコプラズマ管理に

 

ろ過精度0.1 µmのフロロダイン EX DJLは、流量特性が良好で比較的目詰まりしにくい流体を、低差圧または短時間で処理したい場合に最適な、マイコプラズマ管理用フィルターです。フロロダイン EX DJLフィルターのラインアップはこちら »

 

デザインの特徴は次のとおりです。

 

  • 二層の対称膜による構成
  • ろ過容量に達するまで良好な流量特性を発揮するよう最適化したフィルターパッキング構造

 

流体の種類にかかわらず、マイコプラズマの安全性が優先される場合には、Acholeplasma laidlawii およびMycoplasma oraleに対するLRVが10を超える、高性能のフロロダイン EX EDTフィルターをお勧めします。

 

 

セレクションガイド【マイコプラズマ管理用ろ過滅菌グレードフィルター (0.1 µm)

 

フロロダイン II DJLおよびフロロダイン EX EDTは、それぞれラボスケールからパイロットスケール、そして商業生産まで、幅広いフォーマットでご用意しています。

 

ファミリー フロロダイン II フロロダイン EX
グレード DJL EDT
公称ろ過精度 0.1 µm 0.1 µm
マイコプラズマ除去性能 > 8 LRV (Acholeplasma laidlawii) >10 LRV (Acholeplasma laidlawii および Mycoplasma orale)
膜材質 親水性PVDF 親水性PES/親水性PVDF
メディアサポート ポリプロピレン ポリプロピレン
膜のレイヤー数 二層 三層
ウルチプリーツ構造および非対称膜 採用
滅菌方法 ガンマ線照射/蒸気・オートクレーブ滅菌 ガンマ線照射/蒸気・オートクレーブ滅菌
適合性 高い 高い
タンパク質や賦形剤の透過性 結合性が低く、高い透過性 結合性が低く、高い透過性
蒸気滅菌前のフィルター湿潤の要否 不要 不要
アプリケーション 流量特性が良好で比較的目詰まりしにくい流体を低差圧または短時間で処理したい場合に最適。

ラインアップ »
目詰まりしやすい培地などの無菌性確保や、ろ過が難しくバッチ量が多い場合に最適。

ラインアップ »

 

 

フィルターの選定およびプロセスの最適化をお手伝いします

 

ポールの応用技術研究所(SLS)は、50年以上にわたってお客様のろ過プロセスの最適化を支援してきました。お客様のプロセス流体の特性を理解し、フィルターの選定や、無菌ろ過プロセスの最適化をお手伝いします。お気軽にお問い合わせください。

 

ろ過滅菌グレードフィルター (0.2 µm)

ろ過滅菌グレード (0.2 μm)の液体ろ過用フィルターは、無菌プロセスにおいて無菌のろ液を得るために使用されます。ポールは、少量注射剤 (SVP) から大容量注射剤 (LVP) まで、ろ過滅菌工程の最適化を支援いたします。
ろ過滅菌グレード (0.2 μm)の液体ろ過用フィルターは、無菌プロセスにおいて無菌のろ液を得るために使用されます。ポールは、少量注射剤 (SVP) から大容量注射剤 (LVP) まで、ろ過滅菌工程の最適化を支援いたします。
詳細を読む

バイオバーデン管理用フィルター(0.2 µmおよび0.45 µm)

バイオバーデンと粒子の効率的な管理のために使用されます。ポールのフィルターは、高い処理能力でコストパフォーマンスに優れたろ過を実現します。
バイオバーデンと粒子の効率的な管理のために使用されます。ポールのフィルターは、高い処理能力でコストパフォーマンスに優れたろ過を実現します。
詳細を読む