バイオテック・ホーム > ろ過・フィルター製品トップ  >  気体のろ過 > 完全性試験の試験水の水位

バイオテック・ホーム > ろ過・フィルター製品トップ  >  フィルター完全性試験 > 完全性試験の試験水の水位

 

 

試験水の水位はウォーターイントルージョン(WI)試験にどのような影響を与えますか?

 

ウォーターイントルージョン(WI)試験において、試験水の水位は見かけ上の不合格の発生に影響を与えます。

 

WI試験では、試験水の水位が試験加圧によって低下します。その理由は、膜プリーツの圧縮とプリーツ間に水が浸入し気体が排出されるためです。

 

試験水の水位の低下により、フィルターの一部が水から飛び出した状態になると、飛び出した部分の膜から空気が自由に流れてしまい、見かけ上の不合格の発生につながります。そのため、WI試験を正しく行うには、試験中にフィルター全体が水でおおわれている必要があります。

 

以下は、WI試験で不合格が発生した時におすすめの原因調査および対策方法の一つです。

 

  • フィルターハウジングに水を補充して試験を繰り返す
  • 一次側の容量を増やし、フィルターの上部により多くの水を入れることで、加圧により低下する水位分の水を予め補う。

 

詳細については、以下の技術資料をご参照ください。

ポール文書番号USD 3033: Application Note: Best Practices for Successful Filter Integrity Testing Using the Water Intrusion Test (WIT) Method

お問い合わせ

 

上記コンテンツで解決しない場合は、こちらよりお問い合わせください。