フィルター/コアレッサーレンタルサービス

スピーディーに、フレキシブルに、設備投資なしで使用可能

フィルター/コアレッサーレンタルサービス スピーディーに、フレキシブルに、設備投資なしで使用可能

重要なプロセスの汚染を制御し、出力を保護し、最終製品の品質を向上させるため、短期、長期の選択ができるレンタルサービスのご紹介です。

 
  • 緊急事態
  • プロセスの最適化

 

 
  • 容量の増加
  • ターンアラウンドとクリーンアップ

 

地域を選択

 

 

レンタルサービスには次のものが含まれます。

 

  • 2158 m 3 h(325,760 bbl / day)までの流量に対応する高流量粒子ろ過システム
  • 最大672m3 h(101.000 bbl / day)の流量用の液体/液体コアレッサーフィルター
  • モバイル脱水精製器
  • ワニスの除去システム
  • 診断および監視装置

 

 

当社のハイフロー粒子ろ過システムは、幅広いプロセスおよび製品ストリームから汚染物質を効率的かつ確実に除去することが証明されています。

 

当社の液体/液体コアレッサーは、ガソリン、ディーゼル、ジェット、LPGなどの最終製品から水を除去し、精製中間体から水を分離するのに効率的です。これらのテクノロジーを組み合わせることで、ファウリングを防止し、休止期間を最小限に抑えながら、最終製品の品質を向上させることができます。

 

いずれも、緊急時の迅速な設置、長期的な製品品質の向上や、設備投資の制約から購入に踏み切れない場合の短期・長期レンタルでの利用が可能です。

 

 

 

以下の紹介ビデオでレンタル機器をどのように使用するかの一例をご覧いただき、使用プロセスがいかにシンプルであるかをご理解ください。

 

 

徐粒子フィルターの交換

コアレッサーエレメントの交換

 

 

ケーススタディ

  • チャレンジ

    アミンと消泡剤の消費量が多い、230 mg /lのアミンTSS、ファウリングのためにACフィルターがバイパスされるターゲット:最終製品の粒子仕様を満たし、生産率を上げるため

  • ソリューション

    リーンアミン側に取り付けられた絶対定格のUltipleat®ハイフローカートリッジを使用して、スリップストリーム15µm> 10µm> 4.5µmろ過@60m3hを実行

  • 結果

    アミンTSSは、3週間のろ過後に10 mg / l未満に減少し、泡立ちがなくなり、AGRUの能力が完全に戻り、経済的メリットとして100万ドルを超えるコスト削減を確認

詳細に興味がありますか?以下のフォームに記入してください。担当者からご連絡いたします

アジアのフィルターレンタルフリート

詳細を読む

ポールのアジアンレンタルフリートは、1つのスキッドタイプで構成されています。典型的な粒子除去アプリケーションは次のとおりです。

 

  • 触媒反応器床を保護するための供給原料
  • LPG、ガソリン、ディーゼル、およびジェット燃料の最終製品
  • 工場内のさまざまな貯蔵タンクで見つかる可能性のある他の多くの汚染製品
  • アミン(リッチでリーン)
  • 芳香族抽出溶媒
  • 脱水溶剤
  • 酸っぱい水
  • 化粧水
  • 液/液分離のための前ろ過

 

Asian Rental Fleetスキッドの詳細については、以下のPDFをクリックしてください。

ポールハイフローレンタルスキッド

ポールハイフローレンタルスキッド

アプリケーション

石油およびガス精製プロセスは、効率的なプロセス反応のために供給ストリームの純度に依存しています。精製効率を向上させるためには、供給ストリームおよび流体再循環プロセスからの流体および粒子状汚染物質の除去が不可欠です。
石油およびガス精製プロセスは、効率的なプロセス反応のために供給ストリームの純度に依存しています。精製効率を向上させるためには、供給ストリームおよび流体再循環プロセスからの流体および粒子状汚染物質の除去が不可欠です。
詳細を読む

  • 混濁している流体

    最終的な製油所製品は通常、最終的な配送のために製油所の敷地を離れる前に、固形汚染物質と浮遊水を除去するためにろ過および合体されます。錆やパイプスケールなどの汚染物質は、配水設備(ポンプ、ノズル、流量計など)やエンドユーザーの設備(エンジン、ボイラーなど)を汚したり侵食したりする可能性があります。燃料中の水も腐食を引き起こし、エンジン噴射システムまたはエンジン自体に大きな問題を引き起こす可能性があります。

    混濁している流体の詳細» »
  • 水素化処理–触媒床または交換器の汚れ

    水素化処理は、硫黄(S)、窒素(N)、酸素(O)、および金属を直留および分解生成物から除去するための触媒化学プロセスです。この「クリーンアップ」はまた、オレフィンを飽和させて、より処理しやすい中間体を生成します。Sを取り除くと、燃料が燃焼するときのSOx排出量が削減されます。硫黄はまた、下流の改質触媒を汚染するため、触媒床の活性を改善し、費用のかかる停止を防ぐために、原料から除去する必要があります。

    水素化処理の詳細» »
  • 酸性ガスの除去–アミンの発泡

    酸性ガス除去プロセスでは、アミンまたは特殊溶剤を使用して、ガス品質仕様を満たすために製油所燃料ガス(RFG)からH2SやCO3などの酸性ガスを除去します。サワーガスは、分離膜コンタクタータワーでリーンアミンと接触します。酸塩基反応が起こり、酸性ガスが弱い結合でアミンに結合します。次に、リッチアミンは再生器に流れ、そこで熱によってアミンと酸性ガスの間の弱い結合が切断され、酸性ガスが放出され、アミンが再生されて再利用されます。酸性ガスは再生器の上部を出てさらに処理し、希薄アミンは再循環ループで分離膜コンタクターに再循環されます。酸性ガスは、石油生産の割り当てを達成し、運用のボトルネックを回避するために適切に処理する必要があります。

    酸性ガス除去の詳細» »
  • 苛性アルカリ/ナトリウムのキャリオーバー

    苛性アルカリ処理は、LPGからディーゼル燃料および灯油に幅広い液体留分をアップグレードするために使用されます。苛性溶液(および多くの場合触媒)が炭化水素フィードと混合すると、使用するプロセスに応じて、メルカプタンを抽出します。ただし、炭化水素とメルカプタンに富む苛性アルカリの組み合わせは、分離が困難な非常に安定したエマルジョンを形成し、製品にかなりの量の苛性アルカリのキャリーオーバーを引き起こします。苛性エマルジョンが炭化水素ストリームから分離されていない場合、結果は規格外の製品になります。

    Learn More About Caustic Carryover » »